天草のなおじろう整体のブログです。

2018年01月21日

今年も頑張るバイ

今年念頭から次女が出産のために長男(2歳)を連れて帰ってきており、夫婦だけの生活から
賑やかな生活になっております。
最初はあまり近寄ってこなかった孫が私の動きに合わせてチョロチョロついてくるようになりました。
こうなるとなかなか可愛いもので日々癒されております。
鼻水を垂らしていると風邪をひいたのではないか?咳をしたら何かのどにつまらせたのではないか?
このような心配ばかりして女房に笑われております。
とにかく元気な子供を産んで貰って次女と孫を無事に送り返すことだけを祈っております。
今は妊婦さん(次女)を中心に私たちの生活も動いており仕事もいくらかセーブ?しながらやってます。  

Posted by なおじろう整体  at 16:36Comments(0)
12月になり寒さが一日一日厳しくなってきてますが、平成29年も残すところあと10日
あまりになってきました。PCの前に座り一年を振り返ってみると大した病気もせず
元気で過ごしてきたかなと思っています。これも周りの皆さんのおかげだと思っています。
(口には出しませんけど感謝しています)
来年も健康で家族に迷惑かけることなく孫やまた生まれ来る赤子の子守などして平々凡々と
暮らしていこうと思います。
そして、当然ながら整体店主としても皆様のご健康とご多幸を祈りながら励んでいきたいと
おもっております。どうぞよろしくお願いいたします。
それでは、また来年お会いしましょう。良いお年をおむかえください。
現在、天草ではインフルエンザが流行っています手洗い、うがいきっちりやりましょう
平成29年12月         
なおじろう整体      店主横山 直二郎  

Posted by なおじろう整体  at 16:48Comments(0)

2017年11月23日

痩せたいと思ったら

痩せたいと思っていても、つい目の前の美味しいものを食べ続けると頭の中の欲望は満足するが、
脂肪はお腹に残ってしまう。そんな方にお勧めなのが30回咀嚼法です。
口の中の食べ物を30回かけてよく噛みそして飲み込む、これを続けることで約2年で56kg減量に成功
した人もいます。毎食20分~30分かかるようになりますが一食に時間をかけて食べることが
できるようになると咀嚼効果が表れてくるようになります。
それと同時に体重を毎日、起床直後、朝食直後、夕食直後、就寝前に計り
グラフ化する。そうすることで直接目で効果を確かめることができる。少し面倒ですけど。
またグラフ化することで起床、就寝、食事の時間が規則正しくなります。
リバウンドもしにくくなります。減量中に外食などするときにはサラダや野菜類を先に
時間をかけてゆっくり噛んで食べる。咀嚼法そしてそれをグラフ化することでより多くの
減量を成功に導くことができます。
  

Posted by なおじろう整体  at 17:46Comments(0)

2017年10月21日

肥りすぎないために

おはようございます。現在40代~60代の女性は20代の時と比べ少し太ったかな、と思ってる方が
6割くらいいらっしゃるようです。
これは基礎代謝が下がったり、女性ホルモンが減ったりすることによって出てくるそうです。
基礎代謝が減るとエネルギーを消費しにくくなり同じ量の食事をしても太るようになるのだそうです。
さらに女性ホルモンの分泌量の低下により20代の頃と違い腹部を中心に脂肪が付くようになり
皮膚からはハリが消え、ついた脂肪が垂れ下がってくるのです。年齢には逆らえないという事でしょうか?
しかし同じ体重、身長でも見た目に肥ってるようにみえない人もいます。これは体重における脂肪の割合
が少なめで筋肉がしっかりついているからです。そのため肥満に見えるかどうかは体重ではなく体重と
体脂肪率で決まります。
以下の状況に当てはまる方は要注意です。
1)ファストフードばかり食べている。
2)きちんとかまないで食べる。
3)何か、しながら食べている(テレビ、パソコンなど)
4)まわりにたべものを置いている。
5)運動をしない。
6)テレビを見る時間が多い。
7)睡眠不足
8)体重を毎日計測していない。
該当する方は意識して生活を改善していきましょう。
例えば適度な運動、軽めのジョギング20分以上した後で腹筋運動(寝っ転がって上体を起こす30回、
寝っ転がって足を床より高く20cmくらい上げる運動30回)を毎日やっていくとお腹周りのお肉が
少しずつ減っていきます。そしてお気に入りの洋服が着れるようになりますよ。  

Posted by なおじろう整体  at 12:32Comments(0)

2017年09月22日

疲れ解消法その4

夏も終わり疲れや疲労感が残ってしんどいですね。日頃から気持ちよく身体を動かしている人は、                            柔らかく動かしやすい身体を持つため疲労感が少なくなったり回復が早いようです。
また、肉体は動かさなくても緊張して疲れることもあります。デスクワークの後の肩こりや腰の痛みなどが
典型的なものです。筋肉の痛みや疲労を治すためには適度に身体を動かしてやることも大切です。
心と身体の動きは連携しています。気持ちよく体を動かしてやることで、気持ちよい感じを感じられます。
良く動くことで気持ち良い食事や気持ち良い睡眠にもつながります。疲労感を抜くにはそんな方法もあります
自分なりに気持ち良い運動を探して気持ちのいいやり方で気持ちのいい時間だけ身体を動かしてみましょう。
ジョギングラジオ体操のようなものでも、またヨガのようにしずかなものでもかまいません。
しかし、その動きにはメリハリを利かせた動きをしないと何の意味もありません。(伸ばすところは伸ばし、曲げるときはしっかり曲げる等)
一日の疲れは、風呂やストレッチのほうが気持ち良いと思ったときはそちらを、軽く運動をしたほうがぐっすり寝れる
と思ったらそちらを実践しましょう。夏場の疲れを解消して筋肉の質と量を維持していきましょう。  

Posted by なおじろう整体  at 13:28Comments(0)

2017年08月23日

疲労回復その3

暑い毎日が続いていますが疲労を回復するのには肉体的な緊張を緩めてやるとよいでしょう。
風呂にゆっくり入って体を温めることは神経のリラックス効果を得るだけでなく
血行を促進して肉体疲労の回復を早めます。。湯上りに熱いからと言って身体を急激に冷やさないようにしてください。                  
また、半身浴や足湯も体を温めて疲れをとる方法としておすすめです
おうちのお風呂もよいですがたまには気分を変えて近場の温泉に行って温冷浴を試してみましょう。よくサウナに入ってその後に冷たい水をかけたりする人がいます.入浴が促す自律神経への刺激と血管の伸縮作用による血行促進を利用しています。血行が良くなることで疲れの原因となる乳酸や身体にたまった疲労物質を素早く取り除くことができます。
自分の自然治癒力を最大限に生かす方法で自律神経の働きを活発にして生理機能を高めることにもつながります
冷たい水は苦手と言われる方は手や足だけ冷たい水を浴びる部分浴もおすすめです。
また身体のこわばりを緩めるためにはストレッチもいいですねリラックス効果を得て身体機能の回復力を高めることができます。
ストレッチは身体との対話でもあるので寒くない静かな部屋が適しています。お香などを焚いて落ち着ける匂いを嗅ぎながら行う事も効果的リラクゼーションになるでしょう。
  

Posted by なおじろう整体  at 11:15Comments(0)

2017年07月15日

疲れ解消法その2

睡眠の次に重要なのが食事です。十分な食事を摂取していないと活動する力が湧いてきません。
睡眠が自己修復の働きだとしたら食事はその自己修復のためのエネルギーを補給する役割がある。
食事と睡眠さえ心地よいものであれば体力の問題はほとんど感じないでしょう。
ただ食事は何を食べても腹が満腹であればよいというものでもない。質と量の問題です。
基本的には適切な栄養バランスを考慮すればよい。高カロリー高塩分あるいは多量の砂糖を含んだ
手軽なジャンクフードではエネルギーを補給することはできません。食べ物は自分の体の血や肉にもなるものです。
一週間に3回ファーストフードを食べ続けるなら数年後には疲労が溜まりやすい体質になっているかもしれません。
また肥満にもつながります。食事の質もそうですが食べて気持ちの良いもの、心が楽しくなるものを
疲労回復時にはなるべく食べるように心掛けましょう。心に良いものは体にも良い。野菜の入ってない味の濃いものを
ドカ食いするよりも肉、野菜バランス良くゆっくり味わって食べたほうが心も身体も喜ぶと思います。
これだけ食べていれば健康になれる、とか美容に効果がある、などそんな食材を期待しないことです。
すべての栄養素がそろい、お互いの作用を掛け合わせることで体もより正常につくられるので疲労回復に効果 
のある食品を多面的に摂取して生き続けてみてください。あなたの身体が内面から変わっていきます。  

Posted by なおじろう整体  at 13:25Comments(0)

2017年06月21日

疲れ解消法その1

梅雨入りして空と同様に身体もすっきりしません。そんな時疲れを解消するその一つが睡眠です。
睡眠は心と体のリフレッシュ効果抜群。よく2,3日眠らなくても大丈夫だという人がいますが
眠らなくても元気な自分でいられるというのは錯覚なことが多い。不眠の時はテンションが高く
これと言って問題となる症状はないように思えます。しかしそれは疲れのサインを脳が無視している
だけの話です。眠らないでいると次第にふらふらして平衡感覚を失ったりろれつが回らなくなったり
耳鳴りやめまい頭痛がしたり無口無表情無気力など精神不安定になってきて怪我や事故につながります
人は眠っているときに深い呼吸をすることで心身ともに疲れが取れ身体もほぐれ血流もよくなり、
脳の記憶は整理され回復してリフレッシュする。
よく理想は夜の7~8時間だといわれてますがどんなに短時間の睡眠でも疲労が抜けると思います。
日々の仕事や生活の疲れで身も心もボロボロにならないのは、よい睡眠のおかげです。
人間には体力的な限界がある。しかしながら自分の疲れを自分で回復できる方法がわかれば自信をもって
前向きに生きていきやすくなると思います。
  

Posted by なおじろう整体  at 16:27Comments(0)

2017年05月19日

ホタルの季節だヨ”

こんにちは!
だいぶ暖かくなってきたとは言え朝夕と日中の温度差が結構あり体調崩されて
いる方が多いと思います。
私の住んでいるところは町山口川の上流で                                                               毎年この時期になるとホタルが飛び交います。
今年はいつもより寒かったせいもありまだ数はそんなに多く飛んでいません。                                          しかし後一週間もすれば夕方にはホタルが飛んでるョ
と言う子供たちの声が聞かれるのではと思っています。
是非、お子様、お孫さんと一緒にホタル見物に来てくださいね。
また、私事ではありますが今年からミニバレーボールの試合に参加しておりますが                                      先日行われたスマイルスタンプミニバレーボール大会において
3勝2敗のまずまずの成績を残すことができました。
自分だけの力ではなく練習を一緒にやってきた仲間と                                                        それを支えてくれた家族に乾杯ではなく家族に感謝です。
今年そしてまた次の年も参加できるように心も体も元気でいたいと思います。                                                                              なおじろう整体 店主
                         

Posted by なおじろう整体  at 11:04Comments(2)

2017年04月18日

腰が曲がるのは?

先日叔母がなくなったので葬儀に出席しましたが参列者の姿を見ていると腰が曲がったり足を引きずってたりまた、肩を左右に揺らしながら
きつそうに歩いていた人もいた。戦後、家族を支えるために自分のことは考えず一生懸命に頑張って働いて来られた方だと思います。
日本は欧米と違って畳に座る生活によって背すじを丸く前かがみにすることが多く、猫背の人が多い。更には乳製品の不足ともいわれる。牛乳、ヨーグルト、チーズなどを毎日飲んだり食べたりする人が昔は少なかったからだ。
普段から乳製品、ミネラルを積極的に摂取する。
日頃から姿勢を正した生活をし全身運動と背筋強化する。
健康的な生活が予防法として最も期待できる方法だと考えられる。

年を取ると腰が曲がるのは骨や筋肉の低下が原因です
高齢になると特に女性の多くは骨粗鬆症になりやすく軽い衝撃で脊髄の圧迫骨折を起こすようになります。1椎体の前方部分がつぶれることによって楔状変形をきたします。また軽度の楔状変形でも多椎体に及ぶと背中、腰が曲がってきます。背筋や腹筋の低下により腰を真っ直ぐに保つ筋力が弱まり腰が曲がってきます。背骨から腰の部分にかけて多くの神経が網羅しています。神経を保護するために鎧の代わりの筋肉が低下しないように腹筋や背筋を維持していきましょう。

  

Posted by なおじろう整体  at 17:02Comments(0)