天草のなおじろう整体のブログです。

2018年06月19日

坐骨神経痛について

坐骨神経痛の人は腰周りと股関節周りの筋肉が硬くなっている人が大変多く
腰、股関節周りの筋肉のストレッチは坐骨神経痛を改善するためには
絶対必要です…中でも特に梨状筋という筋肉は重要項目です。梨状筋は坐骨神経に隣接して
走行しているため、この筋肉が硬くなっていることで坐骨神経に影響を及ぼします。
そのため坐骨神経痛を改善するためには梨状筋のストレッチは必要と言えます。

また、ふくらはぎの筋肉についてもストレッチが必要です。
ふくらはぎの筋肉は腰の骨や股関節とは直接つながっていないので、一般的に見落としがちな                                筋肉だといえます。しかし、このふくらはぎの筋肉が硬くなっていると足首の柔軟性に影響が
出てきます。足首は私たちの体を支えている土台ですから足首が硬いと膝関節・股関節に影響が起こり
結果的に腰へも影響が出てしまうのです。ふくらはぎは第二の心臓と呼ばれ、ふくらはぎの筋肉が                              動くことでその筋肉のポンプ作用により血の流れが活発となります。
硬くなった筋肉は坐骨神経に負担をかけ体の動きを制限し、同時に筋肉の血流の低下を引き起こします。
体の動きが制限され、筋肉の血流が低下すると、さらに筋肉は硬く縮こまっていくという悪循環に
陥ります。しっかりと筋肉のストレッチを行いこの悪循環を断ち切りましょう。
テスト
仰向けに寝て片足を曲げ、両手でその膝を抱え自分の胸に引き寄せます。そのとき股関節やお尻周りに
痛みがあるようだったら坐骨神経痛もしくはなんらかの障害が発生しているかも、しれないので                                普段運動してない人でも仰向けになって足の曲げ伸ばしくらいはやってみましょう。
  

Posted by なおじろう整体  at 15:37Comments(0)

2018年05月21日

元気が何より大切!

こんにちは!天草1号橋横に新しく天城橋が架かり三角方向と宇土方向に行く
のがスムーズになる?大矢野の町中の渋滞がすこしでも緩和されればいいですね!
本渡のあちこちでホタルが見られるようになりそこでは暗くなると子供や親の声が
〝いた、いたっ“とか〝蛇と間違えんごつせんば”などと賑やかな声が聞こえてきます
都会にいるとホタルは図鑑で見るかテレビの動画でしか見ることがないと思います
だけど天草の田舎におると生で見られます。何匹も飛んでいるときれいですよ。
雨が強く降ると川の水が増えホタルも流されてしまうので雨が降らないことを
祈りもう少し鑑賞出来たらなあと思っています。
それから、昨日、天草市民体育館でスマイルスタンプ杯ミニバレー大会がありました。
老若男女みんな元気でプレーしていましたが、6試合7試合目となると高齢者の方は疲れがたまって思うように
体がうごかないようでした。それでも、けがなどなく最後まで頑張っていました。やっぱり日頃から体を動かしているからでしょうね。         60歳すぎても筋肉が落ちないように自分で気を付けてまた、医療費がかからんように、医者、の世話にならんように生きていこう          と思った一日でした。
  

Posted by なおじろう整体  at 13:25Comments(0)

2018年04月21日

五十肩にご用心

まさかと思うでしょうが五十肩は、40代から始まり60代まで見られ、20代30代でも珍しくありません。
五十肩になると痛みと同時に肩の腫れや熱っぽさを伴うこともあります。
痛む場所は肩から上腕にかけてが多く、はじめは肩を動かす時に痛むだけですが
症状が進むと動かさなくても肩がうずくように痛み思うように腕が上がらなくなります。
ひどい痛みが治まってからも肩を動かしにくいのが五十肩の症状です。
時間が経つと炎症は治まってくるのですがその過程で線維性の物質が出てきて
腱板の周囲が癒着し肩の動きが悪くなってしまうのです。
五十肩は誰でも簡単に治る病気です。ただし、放っておけば治るというものではありません。
確かに自然に痛みは取れていきますが肩の動きは元通りにはなりません。長い間放置しておくと
治った後で運動障害が残るので適切な治療が必要です。
五十肩の治療は痛みを抑える消炎鎮痛薬(ステロイド剤)と肩の動きを回復させる
体操をしていきます。また、運動制限が強い場合は本格的なリハビリから神経ブロック
注射、手術等
五十肩の最大の予防法はラジオ体操や適度な運動(肩周し、腕を肩の高さより上げる)
肉体労働者はデスクワーカーに比べ五十肩になりにくい。
  

Posted by なおじろう整体  at 17:41Comments(0)

2018年03月19日

我が家の主役

出産からもうすぐ2カ月が経とうとしていますが生まれた子供私にとっては孫ですが
生まれたときはやせひこけていましたが、今はまるまるとして顔が右を向くなら右に
お肉が移動しほっぺたがアンパンマンみたいにパンパンです。
朝は寝ているので存在感はないが仕事終わって帰ると居間に寝かされていて
フガフガ言いながら手足をバタつかせ”ここにいるよ”みたいにアピールしています。
お腹がいっぱいだと目を閉じて眠っていて微妙に手足を動かしています。
しかし、腹が減っていると泣くこと。男の子なので泣き声はでかい。
泣き止まそうと思ったら母親を探しておっぱいを飲ませろと横に持っていき母親に
預けて授乳してもらう。かぶりつくように飲み始めると顔が真っ赤になる。(これが赤子の由縁か)
飲み終わると今度は排便のようです。おむつを替え抱きかかえてやると、気持ちよくなり眠ります。
こんなことを毎日繰り返してだんだん大きくなっていくんですよね。
最後に出産も大変だけど子供の面倒を見るのはもっと大変です、これをずっとやってる母親
女性は本当にすごい。感謝します。天国の母親に感謝そして女房、すべてのお母さんたちに感謝です  

Posted by なおじろう整体  at 16:38Comments(0)
今日は、風も強く天気もすっきりしない天気ですが何かしらこの鼻水が気になりだしました。
どうやら花粉症の時期に突入したようです。最初は周りにインフルエンザの人がいたりして心配
だったけど、どうやら花粉症の始まりだったようです。
家には生まれたばかりの赤ん坊がいるのでクシャミしただけでも"風邪じゃないよね”と
すごい緊張が走ります。風邪ひいたら家に入れてもらえません。
今、我が家は次女が出産したばかりで非常に神経質になっております。そして、赤ん坊が中心
の生活になっております。みなさんも花粉症もしくは風邪などひかないよう手洗い、うがい
励行しましょう。
  

Posted by なおじろう整体  at 12:35Comments(0)

2018年01月21日

今年も頑張るバイ

今年念頭から次女が出産のために長男(2歳)を連れて帰ってきており、夫婦だけの生活から
賑やかな生活になっております。
最初はあまり近寄ってこなかった孫が私の動きに合わせてチョロチョロついてくるようになりました。
こうなるとなかなか可愛いもので日々癒されております。
鼻水を垂らしていると風邪をひいたのではないか?咳をしたら何かのどにつまらせたのではないか?
このような心配ばかりして女房に笑われております。
とにかく元気な子供を産んで貰って次女と孫を無事に送り返すことだけを祈っております。
今は妊婦さん(次女)を中心に私たちの生活も動いており仕事もいくらかセーブ?しながらやってます。  

Posted by なおじろう整体  at 16:36Comments(0)
12月になり寒さが一日一日厳しくなってきてますが、平成29年も残すところあと10日
あまりになってきました。PCの前に座り一年を振り返ってみると大した病気もせず
元気で過ごしてきたかなと思っています。これも周りの皆さんのおかげだと思っています。
(口には出しませんけど感謝しています)
来年も健康で家族に迷惑かけることなく孫やまた生まれ来る赤子の子守などして平々凡々と
暮らしていこうと思います。
そして、当然ながら整体店主としても皆様のご健康とご多幸を祈りながら励んでいきたいと
おもっております。どうぞよろしくお願いいたします。
それでは、また来年お会いしましょう。良いお年をおむかえください。
現在、天草ではインフルエンザが流行っています手洗い、うがいきっちりやりましょう
平成29年12月         
なおじろう整体      店主横山 直二郎  

Posted by なおじろう整体  at 16:48Comments(0)

2017年11月23日

痩せたいと思ったら

痩せたいと思っていても、つい目の前の美味しいものを食べ続けると頭の中の欲望は満足するが、
脂肪はお腹に残ってしまう。そんな方にお勧めなのが30回咀嚼法です。
口の中の食べ物を30回かけてよく噛みそして飲み込む、これを続けることで約2年で56kg減量に成功
した人もいます。毎食20分~30分かかるようになりますが一食に時間をかけて食べることが
できるようになると咀嚼効果が表れてくるようになります。
それと同時に体重を毎日、起床直後、朝食直後、夕食直後、就寝前に計り
グラフ化する。そうすることで直接目で効果を確かめることができる。少し面倒ですけど。
またグラフ化することで起床、就寝、食事の時間が規則正しくなります。
リバウンドもしにくくなります。減量中に外食などするときにはサラダや野菜類を先に
時間をかけてゆっくり噛んで食べる。咀嚼法そしてそれをグラフ化することでより多くの
減量を成功に導くことができます。
  

Posted by なおじろう整体  at 17:46Comments(0)

2017年10月21日

肥りすぎないために

おはようございます。現在40代~60代の女性は20代の時と比べ少し太ったかな、と思ってる方が
6割くらいいらっしゃるようです。
これは基礎代謝が下がったり、女性ホルモンが減ったりすることによって出てくるそうです。
基礎代謝が減るとエネルギーを消費しにくくなり同じ量の食事をしても太るようになるのだそうです。
さらに女性ホルモンの分泌量の低下により20代の頃と違い腹部を中心に脂肪が付くようになり
皮膚からはハリが消え、ついた脂肪が垂れ下がってくるのです。年齢には逆らえないという事でしょうか?
しかし同じ体重、身長でも見た目に肥ってるようにみえない人もいます。これは体重における脂肪の割合
が少なめで筋肉がしっかりついているからです。そのため肥満に見えるかどうかは体重ではなく体重と
体脂肪率で決まります。
以下の状況に当てはまる方は要注意です。
1)ファストフードばかり食べている。
2)きちんとかまないで食べる。
3)何か、しながら食べている(テレビ、パソコンなど)
4)まわりにたべものを置いている。
5)運動をしない。
6)テレビを見る時間が多い。
7)睡眠不足
8)体重を毎日計測していない。
該当する方は意識して生活を改善していきましょう。
例えば適度な運動、軽めのジョギング20分以上した後で腹筋運動(寝っ転がって上体を起こす30回、
寝っ転がって足を床より高く20cmくらい上げる運動30回)を毎日やっていくとお腹周りのお肉が
少しずつ減っていきます。そしてお気に入りの洋服が着れるようになりますよ。  

Posted by なおじろう整体  at 12:32Comments(0)

2017年09月22日

疲れ解消法その4

夏も終わり疲れや疲労感が残ってしんどいですね。日頃から気持ちよく身体を動かしている人は、                            柔らかく動かしやすい身体を持つため疲労感が少なくなったり回復が早いようです。
また、肉体は動かさなくても緊張して疲れることもあります。デスクワークの後の肩こりや腰の痛みなどが
典型的なものです。筋肉の痛みや疲労を治すためには適度に身体を動かしてやることも大切です。
心と身体の動きは連携しています。気持ちよく体を動かしてやることで、気持ちよい感じを感じられます。
良く動くことで気持ち良い食事や気持ち良い睡眠にもつながります。疲労感を抜くにはそんな方法もあります
自分なりに気持ち良い運動を探して気持ちのいいやり方で気持ちのいい時間だけ身体を動かしてみましょう。
ジョギングラジオ体操のようなものでも、またヨガのようにしずかなものでもかまいません。
しかし、その動きにはメリハリを利かせた動きをしないと何の意味もありません。(伸ばすところは伸ばし、曲げるときはしっかり曲げる等)
一日の疲れは、風呂やストレッチのほうが気持ち良いと思ったときはそちらを、軽く運動をしたほうがぐっすり寝れる
と思ったらそちらを実践しましょう。夏場の疲れを解消して筋肉の質と量を維持していきましょう。  

Posted by なおじろう整体  at 13:28Comments(0)